新年のごあいさつ

 令和2年

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

 

昨年は、災害が頻発した年でございましたが、志木市は、幸いに大きな被害を出さずにすみました。

 

此れも、町内会、行政が一体となり対処したお陰だと思っています。

 

昨年から連合会の活動は、各団体のご協力により新たな活動を始めました。

 

民生委員との合同研修の実施、町内会未結成マンションに対する支援活動などです。

 

今年は、前年度の活動を土台に一層の活動を進めていく決意です。

 

行政においては、市制50周年慶祝事業、仮庁舎での業務開始など負担の大きな事業を控えております。

 

連合会としては、全面的に応援していきますので役員並びに各町内会役員のご協力をお願い申し上げます。

 

 

 

令和初めての元旦、十二支で一番目の「ね年」新しいことづくしの年で御座います。

 

「ね年」は繁栄の年で「変化を求められる年」「子孫繁栄」と言われます。

 

町内会連合会も干支のごとく、「志木市の繁栄」「町内会の繁栄」「各団体の繁栄」に向け、「ねずみ」のようにまめに動き、時代に先駆けた柔軟の組織にしていきます。

 

これからも、皆様のご期待に添えるように精進して参りたいと思っております。

 

結びに当たり、皆様のご健勝と新しい年のご多幸を祈念いたしまして、挨拶と代えさせて頂きます。

 

 

 

 

志木市町内会連合会

会長 竹前 榮二